新着情報

新着情報

鰯の頭も信心から…?


節分の頃、焼いた鰯の頭を柊の枝に刺して門に飾ってあるのを見かける。

江戸時代からの風習らしいけど…

これが魔除け、鬼除けの風習として今でも一部に残ってる。

ここから派生したのが「鰯の頭も信心から」って諺で…

鰯の頭のようなつまらぬものでも有難い信仰の対象になることの喩えらしい。

 

だけど、どうかな…?

鰯って、そんなに見下されるような存在じゃないと思うんだけど…。

 

海に行くとカモメやウミネコが沖に集まってるのを見かける。

あれは鳥山って言ってね…

銀鱗ピカピカの魚群の上に海鳥が集結して小魚を狙ってる光景。

で、その小魚の群れは何かって言うとまぁだいたいイワシが殆んど。

 

漁師や釣り人はこの鳥山を見つけると一目散に船を走らせる。

イワシを獲るためじゃない。

ブリ、マグロ、カツオといった大物回遊魚が鰯の群れに集まるからで…

ヒラメを釣る時も活きたイワシがエサになる。

 

つまり…

イワシって魚は…

いつも空からも海からも狙われて逃げ惑って…

常に気の休まるところのない…

まるで太平洋戦争下の孤島に残された兵士状態だな。

 

まぁそれだけ海鳥にとっても大型魚にとっても御馳走なわけで…

これを人間様が食って不味いわけがない。

 

以前、立川には「たかね」さんっていう鰯料理専門店があってね…

広告会社に勤めてた頃はよく利用させてもらった。

刺身はもちろん、焼いても揚げても和え物でも…

ホントに旨い料理屋さんだったのに、なんで店を閉めたんだろう?

 

青魚を嫌う人って一定数はいるんだけど…

やっぱりそうした魚離れが影響したのかなぁ…

それとも賃料高騰?いや後継問題?…

どんな事情があったかはわからんけど…

ああいう店が残る街であって欲しいなぁ…立川。

 

ってことで…

 

梅雨入り頃から脂が乗り始めて年末には脂が薄れる…

今は良質のイワシとサンマが両方味わえる短い期間。

そして、イワシを追っかけて大量に捕食したブリの脂も乗ってきた。

 

鰯はつまらぬものじゃない!信心せずとも有難き魚だよ!

 

いわしQ

 

いわし刺身E

 

今日の日替わりはこちら

   ↓  ↓  ↓

IMG_2283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睦乃家 二代目鉄五郎

住所    〒190-0012
      東京都立川市曙町1-23-10
アクセス  JR中央線立川駅北口から徒歩5分
TEL     042-527-6776
営業時間  17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日   不定休

当店facebookページはこちら
http://on.fb.me/1KelnlD
  • facebook
  • twitter