新着情報

新着情報

隠れ家って公言したら、それはもう隠れ家じゃないでしょ!


入り難い、敷居が高そう、一見さんお断りの店っぽい…

ここに店を構えて8年にもなるのに今でもそう言われる。

店先まで来て入るのを躊躇って引き返す人も少なからず。

 

そんなに入り難いかなぁ…?

そんなに敷居が高そうかなぁ…?

そんなに一見さんを拒絶してそうかなぁ…?

 

IMG_1170

 

だけど…

意を決して来てくれたお客さんは一様に「また来ます!」って言ってくれる。

足繁く通ってくれる常連さんは「むやみに人には教えられない隠れ家」って言ってくれる。

 

まぁそれはそれでもちろん嬉しい。

 

でもね…

お客さんにとっては「隠れ家」でもいいんだけど…

こっちもこの商いで食っていかなきゃならんわけで…

「隠れ家」って言葉に酔っていつまでも隠れてたらオマンマの食い上げになっちまうのよ。

だからホントはめんどくさいからやりたくないんだけど…

毎日こうしてチマチマとブログ書いたりFacebookに投稿したり、Instaやったり…

それこそ日常の戯言から私生活まで何も隠さない丸裸を曝しながら…

隠し事のない人生はつまらんが、仕事に隠し事があってはならんと…

とにかく一人でも多くの人に店の存在を知ってもらおうとパソコンの前に縛られてるのよ。

 

よく人から言われるのは…

「知る人ぞ知る」とか「隠れ家」とか…

そういうフレーズをもっとアピールしたらいいんじゃないか?って…

 

だけどさぁ…

これってなんかおかしくない?

 

ウチは知る人ぞ知る店です!なんてとても恐れ多くて言えないし…

ウチは隠れ家です!って言った時点でぜ~んぜん隠れてないじゃん!

そんなツッコミを自分で入れたくなる。

 

本当はね…

表現の裏側を慮るのが日本人の美徳だと信じて生きて来たんだけど…

どうやら今の世の中はそうはなってないんだな…って感じることが多い。

 

表に見えないものは無に等しい。⇔出したモン勝ち。

寡黙を通せば無に等しい。⇔言ったモン勝ち。

そんな風潮がどうも自分の性には合わないようだ。

 

さりとて商売…

隠してるところに気付いてくれないかなぁ…ってのが通用しないから難しい。

 

お客さんにとっては隠れ家。

店にとってはとてもじゃないが隠せない仕事場。

 

これでいいのだ!

 

今日の日替わりはこちら

   ↓  ↓  ↓

IMG_1180 

 

 

 

 

 

 

 

睦乃家 二代目鉄五郎

住所    〒190-0012
      東京都立川市曙町1-23-10
アクセス  JR中央線立川駅北口から徒歩5分
TEL     042-527-6776
営業時間  17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日   不定休

当店facebookページはこちら
http://on.fb.me/1KelnlD
  • facebook
  • twitter