新着情報

新着情報

みどりのおじさん


風光明媚な琵琶湖の畔で幼い命を奪う惨い交通事故があった。

保育士をやってる女房はニュースを観ながら泣いてた。

自分も過去に三途の川を渡りかけた大事故に遭った経験がある。

親しい知人の御子息が登校中に交通事故で亡くなったこともある。

それだけにとても他人事じゃ済まされない。

 

毎朝の市場への買い出しは近くの中学校の登校時間と重なる。

たぶんボランティアなんだろうけど…

黄色い旗を持ったおじさん達が横断歩道を渡る子供達を誘導してる。

それはそれでいいことだとは思うが…

とにかく子供達が喋りながらダラダラテレテレとゆっくり歩く。

青信号が点滅しても慌てる素振りもない。

中には点滅が始まってから渡り始める子供もいる。

渡り終えるまで待ってる車を一瞥するでもなく…

それでも旗を持ったおじさん達は早足歩行を促すことはしない。

無謀な横断を止めることもないし、注意を与えることもしない。

結局、左折車が二台程度しか左折出来ずに慢性的な渋滞が生じる。

 

この場合…

旗を持ったおじさん達は何の為にいるんだろう?

 

自分が子供だった頃、同じように旗を持ったみどりのおばさんがいた。

近所のおばさん達が当番制で緑の襷を掛けて交差点に立っていた。

 

横断歩道を渡る時は右見て、左見て、また右見て…

車が停まったのを確認したら運転手さんにお辞儀して…

大きく手を挙げて、お喋りせずに、早足で渡って…

渡り終わったらもう一度運転手さんにお辞儀をしなさい!

そんな指導を何度も受けた覚えがある。

今と昔じゃ勝手が違うのかと思えば…

今でも地方に行くとこの教え通りに道を渡る子供を見かけることがある。

 

交通量の多い都市部ほど指導が疎かになってるんじゃないか?

そう思えてならない。

大人が子供を護るのは大切だし尊いことだとは思う。

ただ、いくら少子化だからって…

安全に周りを囲うことだけが「護る」ってことじゃないように思う。

危険を察知し、回避し、我が身を守る術を教えること…

そっちの方が大事なんじゃないかな?

 

ただ琵琶湖のあの事故はそれでも防ぎようはなかったわけで…

本当に可哀想でならない。

 

それが人的な要因であれ、機械の性能上の要因であれ…

制御を失った車は流れ弾のようなもんだ。

誰もが被害者にもなるし加害者にもなる。

運転時はとにかく心に余裕を持とう!と、今一度肝に銘じる。

 

さて、新着の隠し酒はコレ!

 

IMG_0565

 

琵琶のさざ浪 手詰め中取り無濾過純米が入荷!

創業者が琵琶湖の畔で生まれ育ったらしいけど、なんと入間の蔵で造った酒。

飲んだら乗るな!で宜しく!

 

今日の日替わりはこちら

   ↓  ↓  ↓

IMG_0589

 

 

 

 

睦乃家 二代目鉄五郎

住所    〒190-0012
      東京都立川市曙町1-23-10
アクセス  JR中央線立川駅北口から徒歩5分
TEL     042-527-6776
営業時間  17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日   不定休

当店facebookページはこちら
http://on.fb.me/1KelnlD
  • facebook
  • twitter