新着情報

新着情報

南部杜氏が醸す越後の酒


普段日本酒を飲まない方でも正月ぐらいは少し飲まれたのでは?

 

小生は日本酒が大好き♡でしてね…

名の通った銘柄や入手困難な人気の酒も飲んだりするけど…

こんなの知らないだろ?ってな無名蔵の酒を仕入れて…

旨いっ!ってお客さんに言わせるのが楽しくてね…

そうやって全国の埋もれた銘酒を紹介するのも居酒屋の使命だと思ってる。

 

日本人に限ったことじゃないかもしれないけど…

やっぱり有名とか人気とか流行りとか、そんなイメージに人は流される。

だけどね…

これは殆んどが広告宣伝とかプロモーションで人為的に作られるもの。

 

人の見えないところでどれだけの努力をするか…

こんな日本人の奥底にある美徳観はどこへ行ったんだろう。

どう見せるか?どう話題性を持たせるか?

ここに心血を注いで躍起になるのが今流の商売なのかねぇ。

 

写真じゃ良さなんかわからないのに…

匿名で放たれた評判なんて眉唾なのに…

行かなきゃ雰囲気なんてわからないのに…

 

これが居酒屋商売にも同じようなことが言えるわけで…

昭和の価値観に染み付いた経営者としてはなかなか悩ましい。

自分が変わらなきゃ!って思ったり…

いやいや今さら変えられるかよっ!って思ったり…

妙な無限ループの自問自答を繰り返すわけですよ。(笑)

同じ悩みを抱えて商売や事業を営んでる方もいらっしゃるでしょ?

 

話しは酒に戻って…

 

著名人や芸能人が紹介すればこの酒だって一気に売れるんだろう…

俺なんかが紹介したってたかが知れてる。

それでも出来ることは一つしかないんだよなぁ…

地道だけど小さな店の中で紹介し続けるしかないんだろう。

 

ってことで新着の隠し酒なんだけど…

 

お酒大好き♡なのに…

実は新潟の酒をずーっと避けて来たんだよね。

 

その理由の一つは…

初代睦乃家当時、同じビル内に新潟の食材と酒に特化した店があったから。

もう一つの理由は…

越後の酒は概して淡麗タイプが多くて、これがどうも自分の好みじゃなかった。

 

一般的に越後は「米どころ」=「酒どころ」っていうイメージを持たれてる。

だから越後の酒は旨いなんて事もよく言われる。

だけどこれもメーカー側が作ったイメージ戦略のような気がする。

確かに越後は高品質の米を作るけど、それはあくまでも食用米で…

酒造りに使われる山田錦や雄町は兵庫や岡山といった西日本産が主流だ。

 

だから自分は製造地域にはあんまりこだわらない。

やっぱり酒を造る「人」であり「蔵」なんだろう…って思ってる。

 

そんなこんなで…

会津から南部杜氏を招いて醸した越後の酒を見つけた。

 

菱湖(りょうこ) 純米吟醸

 

IMG_3211

 

ラベルも媚びてなくてシブいね!

初めて見聞した銘柄でまだ飲んだことがないんだけど…

会津から招いた南部杜氏だったら飛露喜や寫楽のような旨みとキレを期待したいなぁ…

 

今日の日替わりはこちら

   ↓  ↓  ↓

IMG_3213

 

 

 

 

 

 

 

 

睦乃家 二代目鉄五郎

住所    〒190-0012
      東京都立川市曙町1-23-10
アクセス  JR中央線立川駅北口から徒歩5分
TEL     042-527-6776
営業時間  17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日   不定休

当店facebookページはこちら
http://on.fb.me/1KelnlD
  • facebook
  • twitter