ブログ

ブログ

犬猫居酒屋


高校生の頃、アルバイト先で譲り受けた雑種犬に「鉄五郎」と名付けた。

当時、最寄りの駅から自宅迄は歩いて10分程度の距離だったけど…

自分が駅に着くと自宅の塀をよじ登って迎えに来てくれるほどの忠犬だった。

その鉄五郎はやがて他界し…

 

自分は広告会社に就職後、結婚して二人の子供を授かり…

永年勤めた広告会社の役員を退き、居酒屋経営という未知の領域に転身。

 

平成14年の4月に法人を設立し、同年11月に立川駅前の飲食ビル6階に「睦乃家」を開店。

41~42歳の厄年からのスタートだった。

 

店が始まったらなかなか爺ちゃん婆ちゃんにも逢いに行けんなぁ…

そう考え、開店迄の隙間をやり繰りして祖父母の住む郷里の山口県へと一家で赴いた。

 

その時に祖父母宅の隣家で産まれた純白のマルチーズに出逢った。

 

「兄弟は皆貰われて行ったんじゃがこれだけ残ったんよ。どうじゃろ?もろうてくれまいか?」

 

隣のおばさんのこの一言から新たな相棒「二代目鉄五郎」との生活が始まった。

10-02-24_004

 

7月20日のブログで触れた屋号「睦乃家二代目鉄五郎」

「二代目鉄五郎」の由来はコレです!

 

平成14年11月の店の開業は自分にとっての新たなスタート。

そして平成23年6月の店舗移転は仕切り直しの再スタート。

 

この時に店の歩みを共に過ごした「二代目鉄五郎」を屋号に加えた。

 

が、しかし…

 

店舗移転の翌年、平成24年9月27日に二代目鉄五郎は虹の橋を渡った。

 

それからは…

 

白い雲を見ても、煌めく星を眺めても、風に煽られる白いビニール袋を見ても…

想い出すのは鉄五郎と過ごした日々の残像ばかり。

 

寝てると背中にピタッと寄り添う鉄五郎の感触を感じる。

ふと目の前を白い影が横切った気がする。

そんな不思議な事ばかりで…

 

休みの日には骨壷を抱いて公園を散歩したり…

用もないのにペットショップやドッグランをうろついたり…

いつもいるはずのない鉄五郎を探してた。

どうしても心に開いた穴が塞がらない。

こんな哀しみ、喪失感は初めて経験した。

 

たぶん傍から見れば「イカレたおっさん」になってたんだと思う。

 

そんな日々が続いた或る日…

 

ペットショップで売れ残って二束三文の値札の付いた一匹に出逢った。

ちょいとばかり色が混じってるけど、面影がどことなく鉄五郎に似てる。

店のおねえさんに訊いたら「マルチーズとチワワのミックスちゃんです!」だと。

要するに雑種ってことね。

まぁだけど…

こんな値段になっても買い手が付かないコイツ…

俺が引き取らなかったらどうなるんだろう?

そんな事を考えてたら…

おねえさんが「抱っこしてあげて下さい!」って俺の懐に差し出した。

あぁ~、もうダメだぁ~!!!

二度と飼うのは嫌だ!と言っていた女房の承諾も得ず家へ連れて帰った。

「あっ、テッちゃん…」と絶句して泣き崩れる女房。

この日から新たな相棒「小鉄」が家族となった。

今では一緒に店に出勤し、一緒に帰宅し、一緒に晩酌して、一緒に寝る。

DSC_1269

 

今では多くのお客さんに可愛がって頂いている。

「看板犬」の役目を立派に果たせるようになったら「三代目鉄五郎」を襲名させる予定。

だけど「小鉄」のままでもいいか!とも最近は思う。

DSC_1572

 

DSC_1829

 

食べ物を扱う居酒屋に犬なんてタブーだ!

犬が嫌いな人もいるだろう…

動物アレルギーの人もいるだろう…

それはわかっちゃいる。

だけど犬の一生は人間の一生よりも短い…

だから一時たりとも離したくない。

 

これは自分のエゴかもしれないけど…

 

そもそも…

 

駅前の繁華街を離れて、こんな場所で居酒屋やってること自体が業界常識のタブーなんだから…。

背広にネクタイで長年仕事してた人間が40過ぎてから包丁握ってるのも一般的にはタブー。

 

居酒屋で野球談議、政治談議、宗教談議はタブーとはよく言われるけど…

これもどうなんだろう…

宗教は厄介だからあまり関わらないけど、野球や政治なんかはお客さん同士でもよく話題になってる。

お互いに異議を尊重すればOKだと思うんだけどねぇ…。

 

まぁそんなわけで…

 

ここに店を移した時点でいろんな業界常識と戦う宿命を背負ったようなもんでして…

 

店に「小鉄」という名の仔犬が常駐しておりますが、どうか御容赦下さい。

 

ペットショップで売れ残った教訓からか、極めて社交的で危害を加えることは決してございません。

コイツがいないと店主が心穏やかに仕事することが出来ません。

 

あっ、それから…

 

夜になると店の裏勝手口附近に地域のボランティアで面倒を見ている野良猫が集まって来ます。

DSC_0963

 

DSC_0353

 

なかなか招き猫にはなってくれませんが…!(^^)!

店に鼠が出ないのはこの子達のお陰かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睦乃家 二代目鉄五郎

住所    〒190-0012
      東京都立川市曙町1-23-10
アクセス  JR中央線立川駅北口から徒歩5分
TEL     042-527-6776
営業時間  17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日   不定休

当店facebookページはこちら
http://on.fb.me/1KelnlD
  • facebook
  • twitter